どろあわわの成分を徹底調査しました

どろあわわ,成分

 

毛穴の汚れをすっぽりときれいに取るどろあわわ。吸着力は高いのに、保湿力の高さも多く人が実感ずみ。どろあわわの効果の高さの秘密に迫ってみます。どんな成分が配合されているのでしょう。

 

4種類の厳選成分

 

どろあわわ,成分

 

どろあわわは23種類の美容成分と洗浄成分などがが配合されています。その中でも保湿に優れた4種類の成分が、洗顔後の肌をしっかりとサポートします。

 

豆乳発酵液

国内の契約農家が栽培した大豆のみを使っています。有機栽培された大豆から作った豆乳を発酵させてできたもの。豆乳は元々肌への浸透率が高く、発酵させることでより高い効果が期待できます。メラニン色素の発生を抑制する効果もあるので、シミやソバカスの発生を防ぎます。

 

ヒアルロン酸Na

ヒアルロンサンの最大の特徴は保水力、「天然ポリマー」です。角質まで浸透をするので、潤いをしっかりキープします。

 

加水分解コラーゲン

ヒアルロンサンの保水力を加水分解コラーゲンがサポートしています。コラーゲン自体の美肌効果も合わさり、しっとりとしてハリのある素肌を引き出します。

 

黒砂糖エキス

サトウキビから保湿成分を抽出しました。シミやニキビにも効果が期待できます。

 

肌に負担のかかる成分を使わないことでお肌を守ります

 

どろあわわ,成分

 

どろあわわはお肌に有効な成分はたっぷり配合されていますが、肌に負担のかかる成分は使いません。香料と着色料は無添加、鉱物油や石油由来の界面活性剤も不使用。素肌を傷つけず守り育てる洗顔料です。

 

石油系の合成界面活性剤は使われていませんが、植物などから抽出したものを使用しています。ステアリン酸PEG-150は自然派系の石鹸によく使われる合成界面活性剤です。ステアリン酸グリセリルは大豆脂などから作られたもので、乳化剤として化粧品に長く使われているものです。

 

ココイルメチルタウリンNaとステアリン酸グリコールはヤシ油が原料になっている界面活性剤です。

 

界面活性剤は天然の植物にも含まれている成分です。でも使い方や使用量によっては肌を傷つけることもありますので、敏感肌の人は特に注意してください。気になる人は二の腕につけてパッチテストをすることをお勧めします。