スクラッチを当てるための知識!

スクラッチで当たる、当たらない買い方はどういった購入方法なのか解説していきます。

スクラッチは削って当てるものですが宝くじなので億万長者になりたいと思う方はたくさんおられます。

狙うのはいっとう何千万。

いつも頭の仲間お金でいっぱいで5,000万円があれば生活を楽できる。

なので、一等賞金が低い数万円は狙わないという方は多いはずです。

それが正解なのでしょうか?

1等を当てるために宝くじの確率を考えてみる。

普通に考えても一等賞金が少ないと宝くじの確率はアップします。

これは年末ジャンボ1/2,000万一等が1枚存在する

年末ジャンボは一等7億円なので、それを考えても、できるだけ一等賞金が少ないのが当たりやすいのが分かります。

スクラッチは全国と地域に分かれますが狙うのは地域がいいです。

  1. スクラッチが販売されると全国の方が一斉に購入される。
  2. スクラッチが販売されると地域の方だけが一斉に購入される。

これを考えると地域のスクラッチを買った方が当たりやすいのです。

ですが、あらかじめ調べておくことがあります。

宝くじ公式サイトで全国と地域の場合、本数が何本あるのか調べることができます。

地域の場合

  • 1等が100万円当たり本数が10本
  • 2等が10万円当たり本数が100本
  • 3等が10,000円当たり本数が1,500本
  • 4等が2,000円当たり本数が7,500本
  • 5等が1,000円当たり本数が20,000本
  • 6等が200円当たり本数が100,000本

上記は ONE PIECE スクラッチの場合です。

全国のスクラッチ100円の場合です。

  • 1等が10万円600本
  • 2等が500円108000本
  • 3等が100円120万本

これら地域と全国を比べてみると地域では2等の10万円が100本
全国の一等が10万円600本

同じ10万円でも6倍の差がありますが、地域の場合3等10,000円1,500本
4等2,000円7,500本

この3等と4等、合わせて9,000本ありますので地域のワンピーススクラッチを狙ってみるのもいいかもしれません。

当てるためには袋外で購入する

これはスクラッチを10枚で購入するということです。

運試しで23枚購入する方もおられますがスクラッチの末等を当てるためにも焼売購入するのがいいのです。

宝くじ売り場でスクラッチをくださいと言うと、宝くじ販売員の方は案内にしますか?と言いますが、末等を当てるためにも10枚くださいと言ってください。

スクラッチの値段が200円だとした場合、末等の200円ゲットできるのです。

金額が少なく当たり本数が多いものを狙う

先ほど説明したものと似ていますが当選金額が少ない方が当たり本数は多いです、ただできるだけ地域を狙うようにしましょう。

1枚か2枚では購入しないこと

本当に運が良ければ1枚か2枚購入でも4等の2000円が当たる可能性もあります。

しかし1枚か2枚を購入しただけで運が良くて4頭の2000円を当てる、これについては少し博打な感じがします。

いろんな種類を買って10枚か20枚まで集めた場合、さすがに末等は当たる可能性はあります。

しかし効率よくスクラッチを当てたいのであれば10枚単位で購入することが賢いやり方です。

スクラッチは当たり本数を細かく調べる

もう一度全国と地域で説明いたします。

地域は東京都です。

まずは全国から

1等3,000万円の当たり本数が8本
2等30万円当たり本数が24本
3等30,000円当たり本数が240本
4等3,000円当たり本数が4,000円
5等を1,000円当たり本数が4万本
6等300円当たり本数が80万本

スクラッチは当選金額が高額なもので3千万円があります。

当たり本数が8分なので確率的には極めて低いです。

次に東京都のワンピーススクラッチ

  • 1等300万円当たり本数が9本
  • 2等50,000円当たり本数が18本
  • 3等10,000円当たり本数は360本
  • 4等3,000円当たり本数が4,500本
  • 5等1,000円当たり本数が18,000本
  • 6等200円当たり本数が90,000本

二つ全国と地域を見比べた場合

  • 4等の3,000円東京都では4,500本
  • 4等の3,000円全国では4,000本
  • 3等の10,000円東京都では360本
  • 3等の30,000円全国では240本

全国の場合一等が3千万円であることから2等と3等の当選金額の違いも出てきますが、当たり本数にも違いが出てきます。