宝くじは200万あれば人生で勝ち組というお話

中々当たらない宝くじ。

今まで末等しか当たらなかったなぁ。。という方もいるのではないでしょうか

宝くじは200万あれば勝ち組です!(自身の考え)

でも200万って、手にできるものでしょうか。

よく3億円あれば店を開いて、そこから増やすみたいな事を聞きますが、そういった事をするのは難しいです。

そもそも宝くじを購入する人が必ずしも宝くじに当選するワケでもありません。

大抵ははずれてお金がなくなって終わりです。

え?仕事で頑張って稼いだお金がなくなるの??

そりゃない・・・!

それなら仕事でコツコツと貯めたほうが早くないですか!

まぁ・・・たしかに宝くじで億万長者を目指すより、仕事でコツコツと真面目に働いたほうが早いです。

でも宝くじは夢を買うっていいますので、当てようと買い続けるのは悪くないですよね。

それで、普通は億を狙うのに、なぜ200万なのでしょうか?

そもそも、それで勝ち組っていうのがわかりませんが・・・

これはバレンタインジャンボミニです。

年末ジャンボの場合1等で7億円ですが、1ユニット2,000万枚なので、当たりは24本!

2,000万枚に1本しか存在しません。

少ないですよね!

だって良く考えてみても1枚300円の宝くじを100枚購入して(3万円)7億円を手に入れるって、それほど人生甘くないですよ

それで億万長者になれるなら、みんな購入していますし、世の中どうなってるかわかりません。

2,000万枚に1枚の1等を100枚で引き当てるのって変な話です。

そんな人いないでしょう。

宝くじを販売してる側は赤字だし、どうなってるんだろうと・・・。

あらかじめ当たり本数も、運営側が赤字にならないようにうまく納品されてるはずです。

市民のハズレで黒字を目指してるはず。

そういえば昔聞いた事があるんですが日本中の宝くじを購入しても市民は黒字にはならないとか。。。

もしなってたら大金持ちの方がやっているはずです。

2018年の年末ジャンボ宝くじは24ユニット販売で1ユニット2,000万枚に1枚の当たり本数しかない。

てことは24本当たりが存在して

24×7億の夢があるんです。

ちなみに1ユニット丸々購入はおすすめできません。

60億するので。

こんなの誰が買うんじゃい!って話です。

60億も宝くじを購入すれば1等や前後賞も当選しますが、考える前に赤字でしょう。

私は、こんなやり方しないんです。

もう少し効率の良い買い方をしましょう。

2018年のバレンタインジャンボミニですが2等が200万円です。

先程、年末ジャンボは1ユニット2,000万枚あるといいましたが、バレンタインジャンボミニは1ユニット1,000万枚です。

半分になりましたね。

それでほど当たりやすいという事です。

でもすぐに当たるとかではありませんが7億円よりは当たりやすいはず。。。

一応400本も当たり本数があるみたいでバレンタインジャンボミニは1ユニット1,000万枚で4ユニット販売

1,000万枚に対して100本の当たり本数が存在します。

どうですか?先程の2,000万枚に1本しか存在しないとかいってたのよりかは確率が良くないですか?

2,000万枚の半分は1,000万枚で、さらに1本から100本ですよ?

もう年末ジャンボって夢を買うにぴったしですが、バレンタインジャンボも見逃せなくなってきましたよね。

宝くじのナンバーズ、宝くじを購
年末ジャンボといえば1等7億円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です