宝くじの確率は低いのでナンバーズ3を購入するのが賢いという話

宝くじは確率が低すぎるということについてお話しします。

いつも買っている宝くじはなぜ当たらないのか?

ただ宝くじと言っても、どういった宝くじの種類が当たりやすいのか一度考えてみるのもおすすめです。
(当たらないぞ!宝くじはむやみに買うものではない。)

このサイトでは数字選択式宝くじ、自分で買うものジャンボ宝くじを紹介しています。

どんな買い方ができるのか攻略法はあるのか?などといってことです。

まずジャンボ宝くじについての確率を 説明していきます。

年末ジャンボ確率について

年末ジャンボの確率を考えたことがあるでしょうか、当選番号を当てるためには組と番号が必要です。

例えばですが一等が20組番号は100001の場合、それにぴったりと一致させなくてはなりません。

ジャンボは1ユニット2000万枚です。

一等の当たり本数が一本、金額は7億円。

つまり2,000万枚に1等の当たりが一本しか存在しないということです。

昔は1,000万枚に一本の当たりの存在したみたいですが。

年末ジャンボは確率を考えても当てるのは難しい

年末ジャンボは通常に購入するだけではありません、バラや連番、福連、福バラぶっ通し3連バラこれらがあります。

バラや連番は10枚で購入することができますが

10枚購入しただけでは1/2,000万の確率を引き当てることはできません。

本気で当てたいと思うのなら100枚購入した方が当たる確率がアップするのです。

100枚購入するならば福連や福バラといった購入方法をするのがおすすめです。

00から99まで揃います。

バラや連番は0から9まで揃います。

なるべく高額当選させたいなら下2桁を揃えた方が賢い購入方法になるのです。

こういった交流方法をしても宝くじの確率1/2,000万を引き当てるのはさすがに難しいので後は運次第と考えた方が賢いやり方でしょう。

ジャンボ宝くじは1/1,000万の確率を狙う

ジャンボ宝くじは年に5回販売されます。

5回販売される中でドリームジャンボがありますのでドリームジャンボのプチを狙うのが当たりやすいです。

当選金額は何千万円と落ちてしまいますがそれでも1/1,000万の確率、確率も良く1,000万枚に1等が5本ぐらいは存在していたはずです。

次に数字選択式宝くじの確率について

数字選択式宝くじはミニロトやロト6、他にロト7がありますが、これらは前回の当選数字から次回を予想することで確率をアップさせることはできます。

他にナンバーズ3やナンバーズ4があります。
[ナンバーズ3とナンバーズ4って当たりやすいの?]

宝くじの当選確率を少しでもアップさせたいならナンバーズ3がおすすめです。

ナンバーズ3はストレートが1/1,000で当選金額が9万円になっていますが、少なくとも1,000枚購入すると1回は当たる計算です。

もし運が良ければ10回購入しただけでも当たる可能性はあります。

それに三つの数字を選ぶだけでいいので宝くじの確率はとても当たりやすいです。

もう少し詳しく説明しますとナンバーズ3はストレートやボックス他にセットとミニという買い方が存在します。

ナンバーズ3でミニという買い方は下二桁を一致させるだけで10/1,000の確率で当選金額9000円をもらうことができますが、あまりお勧めではありません。

それよりも当選金額をアップさせるにはボックスを狙うのがおすすめです。

ボックスの場合6/1,000の確率になりますが当選金額が15,000円もらえます。

一か月の中で同じ数字が何回か現れることはあるので、その数字を買い続けることが確率をアップさせる秘訣でもあります。

宝くじはあなたに合った種類を選ぶ必要がありますが、あてたい場合ナンバーズ3のボックスを選んだ方が確率もアップしますのでそちらを選ぶのがおすすめです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です