ロトシリーズのロト6とロト7って何が違う?これから購入を検討されてる方に

ロト6と7 の違いについて説明いたします。

ロト6のルール説明!43個の数字を選んで当てようで説明いしましたが、選択式宝くじを購入しておられる方は、ロト6だけでなくロト7、この二つの宝くじを知っておられると思います。

  • 月曜日と木曜日の抽選されるのはロト6
  • 金曜日に抽選されるのがロト7

一等当選金額はかなり低くなりますが一週間で3回も億万長者のチャンスがあります。

同じ数字選択式宝くじということで数字を選ぶのですが、ロト6は43個の数字の中から6個の数字を選びます。

ロト7は37個の数字の中から7個数字を選びます。

初めてロト7を聞く方は37個の数字の中から選ぶ方が当たりやすいのではないかと思われるます。

しかしそうでもありません。

ロト6とロト7の購入ルール当て方に違いがありますのでそちらも詳しく調べていきましょう。

まずは1等の違いについて

  • ロト7は1等6億円、数字7個をすべて一致させる
  • ロト6は1等2億円、数字6個をすべて一致させる

ロト7は37個の数字からロト6は43個の数字から選びますが、一つ数字が大きくなるだけで6億円とロト7の場合は億万長者により近づきます。

もちろんロト6でも2億円と言う億を得ることができるのです

そして2等の場合もその難しさがあります。

ロト7は2等728万円選んだ数字を6個一致させる、ボーナス数字一個一致させる
ロト6は2等1,000万円選んだ数字を5個一致させる、ボーナス数字1個一致させる。

で見比べた場合金額に差が出ますが、もしかしたらロト7の2等の方が当てやすいのかもしれません。

次に3等について

  • ロト7の3等727900円選んだ数字を6個一致させる。
  • ロト6の3等30万円選んだ数字を5個一致させる。

この時点でロト7は倍以上の開きがあることは分かります。

一致させる数字が一つ増えるだけでも難しいということです。

4等について

  • ロト7の4等9100円選んだ数字を5個一致させる
  • ロト6の4等6800円選んで数字を4個一致させる

金額の差は少ししかありませんが初心者の方がロトシリーズを楽しむ場合、ロト6を選んだ方がいいかもしれません。

5等について

  • ロト7の5等1400円、選んだ数字を4個一致させる
  • ロト6の5等1000円、選んだ数字を3個一致させる

ロト6の場合事が末等になります。
ロトシリーズはクイックピックを使えるので5等であれば当たる確率も上がるのです。

ロト7の6等1,000円、選んだ数字を3個一致させる、ボーナス数字2個のうち1個か2個一致させる。

ロト7の場合6等が末等になります。

どちらのロトが当たりやすいか

ロト7は1等から6等まで、ロト6は1等から5等まで、ロト7の方が当たりやすい気がしますが、確率的にはロト6の方が当たりやすいのです。

ロトシリーズに攻略法は存在するのか

数字選択式宝くじなので他の種類にも言えることですがロト6の場合前回の当選数字から次回を予想します。

前回の数字で5 10 12 13 22 40

の場合、同じ数字を入れます。

同じ数字なので、どれか1つです。

どれでも構いませんが次回を予想する場合、同じ数字を1つは入れるようにしましょう。

たまーにですが2つきている場合もあります。

個人的にはロト6でしか確認していませんが、多分ロト7でも同じ数字が2つきている場合があります。

そして下一ケタを狙うのもありです。

これだけでロト6の4等ぐらいなら狙えてしまいます。

ただ、私自身も研究してロト6を購入していましたが、当たる時は当たりますが、当たらない時は全然当たりません。

なので諦めて辞めてしまう可能性もあります。

  1. ロト6で億万長者になりたい!
  2. 楽に暮らしたい!
  3. 自由にお金を使って遊びたい!

こういった考えの方は忍耐が必要になるので当たらなくても買い続けましょう。

今まで高額当選を夢見たけど急に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です