当たらないぞ!宝くじはむやみに買うものではない。

今まで宝くじを何口も買っていた方にいいますが、むやみに買っては当たりません!

もちろん確率や買い方、種類によりメリットやデメリット等を知っていれば別ですが、そうでなかったら当たりにくいです。

宝くじを購入していて「早く当たらないかなぁ~」、「今日も当選しなかった」では当たりにくいのです。

そもそも、最初宝くじを買おうと思ったキッカケはなんでしょうか?

  1. ただお金持ちになりたかった。
  2. 昔から貧乏だしお金がほしいだけ
  3. 働いた給料は家族に渡すので自身の小遣いがない
  4. 買わないと当たらないし買ってるだけ
  5. 俺が宝くじ買ってるんだから、そんなのほっとけ!

人により、色んな理由があるでしょう。

  • 宝くじって、いつ当たるか分からないけど当たったらスゴそうだし・・・。
  • 億のお金があったら使い方に困りそうだけど趣味として買ってる

こういった考え方の方は、改めて宝くじの種類や確率を知って、今の現状より「宝くじって当たるんだ!」と知って欲しいです。

まずは年末ジャンボを購入してた方へ

年末ジャンボといえば1等が7億円で前後賞が3億円、合わせて10億円です。

普通にお金に困ってる人なら7億円で十分だし10億円当たったら仕事をやめてやる!

そんな方は多いはずです。

しかし、良く考えて欲しいのは1等7億円って、みんな当たってるのでしょうか?

もちろん当たってません。

宝くじ当てたい!裕福な暮らしはしたいし、1日3万円は自由に、毎日暮らして遊びたいなぁ!と思ってる方はたくさんいます。

他にも、運試しで宝くじを買ってみようと思う方もいるのです。

色んな考えを持ってる人が宝くじを買って行くなか、自分もその1人で、1等は当選されるのでしょうか?

ここで考えてほしいのが年末ジャンボの事。

深く調べていくと1等の確率も分かってきます。

以前年末ジャンボ1/2000万に1等の1本は当たるのか?でもお話しましたが、まず1ユニットというものがあります。

この1ユニットについては2,000万枚も存在するということです。

この2,000万枚は年末ジャンボ宝くじの一等で言う場合、当たり本数が一本しか存在しないということ

つまり、1/2,000万の確率で当たるかもしれない。

早くお金持ちになりたい、宝くじで億万長者になって楽な暮らしをしたい。

毎日仕事の日々だったけどしんどい思いをしたくない、そんな思いの人たちはたくさんいましたが、1/2,000万の確率で一番になること、これが宝くじを当てることです。

この時点で年末ジャンボはむやみに買うものではありません。

絶望感から逃れるために

では、宝くじは諦めるのかと問われればそうでもありません。

年末ジャンボでも種類があります。

それはプチを狙うことです。

プチならば一等当選金額が1,000万円も当たり本数が1,000本もあります。

先ほど言った年末ジャンボでは1ユニット2,000万枚でしたがプチは1ユニット1,000万枚です。

1ユニット1,000万枚に対して当たり本数は100本もあります。

しかし100本しかないのなら諦めよう思う人もいるかもしれません。

ですが年末ジャンボプチは10ユニット販売されています。

1ユニット1,000万枚なので、先ほど言った当たり本数は1,000本に膨れ上がります。

つまり毎年1,000人の方が1,000万円を獲得しています。(多分・・・。)

年末ジャンボは買い方もありますが、バラと連番ただ購入するよりかは、多くの枚数を買った方が、当たりやすいのは言うまでもないのです。

じゃあ、バラを10枚買い続ければいいのかということでもなく、買い方のテクニックがあるのでそちらを選びましょう。

それは福バラ100です。

その通り100枚セットになっているバラで6,000円の当たりが確保されています。

通常バラ10枚を購入した場合は末等300円しかあたりが出ませんので、それをさらに10回ぶん購入したと思えば6,000円の当選金額は嬉しいことでしょう。

なぜ6,000円当選するのか、このことを説明します。

福バラ100ですが、その名の通り100枚分存在します。

組は100組揃います。

1組から100組

番号は10万から199999まで

ここで福バラ100のメリットは組が1から100まで揃うこと年末ジャンボ、ミニ、プチこれら三つの種類は当選番号では色々な組と番号があります

福原100の100枚は当選番号を見て確認する楽しみがあります

一方連番と比べると番号が100000とすると 100000 、 100001、100002、100003、100004、100005、100006、100007、100008、100009

番号が揃い組は10組も同じです

年末ジャンボを当てるにはどんな宝くじの買い方の種類が存在するかあらかじめ調べておくのがいいでしょう。

とりあえず連番とバラを知っておくのも大事です。

宝くじの知識があると

今まで全然当たらなかった、お金の無駄遣いになった、
もう買うのはやめとこう、そんな思いを抱いていた人がたくさんいたかと思いますが年末ジャンボの当選番号ではいろんな組や番号が存在しています。

億万長者になるためには連番を狙って一等と前後賞を狙うのもありですが、福バラを購入し100枚分いろんな番号で一等を狙うのもありなのです。

中々当たらない宝くじ。 今まで
宝くじのナンバーズ、宝くじを購
年末ジャンボといえば1等7億円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です