宝くじが当たらないはウソ!当たる方法はスクラッチを購入する事

中々当たらない宝くじ…。

昔から宝くじが当たったら億万長者になれるっていわれてる方年末ジャンボを購入しつづけてる。

しかし、年末ジャンボは1等を当てるのは至難の技です。

宝くじが当たらない…と思ってる方は、一度どんな種類があるか知っておくのも便利です。

年末ジャンボは確かに当たらない…

等級等を考えれば、全然当たらないわけではないですが、1等は強運の持ち主でしか、当たるのは難しいです。

1/2,000万の確率なので、2000万人に1人は1等を当選させていると考えてもいいでしょう。

一応宝くじ公式サイトでは1ユニット2,000万枚で24ユニット販売と記載されています。

ん?24ユニットだったら1ユニットに24枚も当たりがあるんじゃ…?

そう思われる方も多いかもしれませんが、24ユニットというのは、宝くじ1ユニットが2,000万枚存在するという事です。

つまり2,000万枚は組と番号で構成されてるので、当たりも1ユニットに1枚存在するという事になります。

年末ジャンボは色んな地域から購入される

宝くじ売場がある地域なら、年末ジャンボも販売されてるので、すべての地域がライバルと思っても良いぐらいです。

その中から1本を引き当てるので、普通に考えても難しくなってきます。

もし、1等か2等を引き当てたいなら西銀座チャンスセンターでの購入になりますが(納品枚数が多いため)、それでも当たる確率は同じなので現実的ではありません。

当たる方法はスクラッチを購入する事

スクラッチって当たるんですか?そう気にする方が多いはずのも事実です。

一言によっても宝くじを購入すれば絶対当たるという保障はありませんがスクラッチは別なのです。

全国で販売されるものがあり、地域でも販売されるものもあります。

全国ですが年末ジャンボと一緒ですので、できたらスクラッチの地域を狙いましょう。

公式サイトでスクラッチをチェックする

毎月、全国か地域のスクラッチが販売されています。

これは、宝くじ売場でも確認できますが、できたら宝くじ公式サイトで1等の当たり本数も確認して1等賞金が少ない地域を選ぶといでしょう。

これは年末ジャンボもスクラッチにも言える事ですが、1等賞金が少ない程、当たる確率はアップします。

10枚購入すれば末等は必ず当たるというのが分かりやすいです。

実際に2018年の年末ジャンボでも5等1万円が480,000本ありました。
これは2,000万枚に2万枚存在してるという事です。

年末ジャンボは1枚で300円になります。

1等賞金が少なくなると当選確率がアップするのはスクラッチの全国と地域にも言える事ですが、スクラッチの全国で、1等当選金額が5万円の場合

当たり本数が630本になります。

東京都のスクラッチ当たり本数は?

1等1,000,000円9本
2等100,000円81本
3等10,000円1,350本
4等2,000円7,200本
5等1,000円18,000本
6等200円90,000本

ワンピーススクラッチ

2019年8月7日~8月26日まで

1枚200円

先程のスクラッチ、全国の1等5万円よりかは劣りますが

東京都の場合、3等1万円で1,350本の当たり本数があるのです。

1枚200円で10枚購入しても2,000円使いますが6等の200円は当選します。

このように年末ジャンボで夢を買う事はできますが、中々当たるのは難しいので、一度確率の高い地域のスクラッチを狙うのをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です